• G+
Vol1.

Nexus 7 (2012)


Googleのエリック・シュミットは2011年12月のインタビューで、アップルとの競争が激化していることにより、半年以内にタブレットを発表すると述べた。この時点でシュミットは具体的なことを言わなかったが、新たなNexusデバイスと推測された。2012年5月、タブレットに関する情報とベンチマークがリークされ始めた。「Nexus 7」という商品名でASUSによる製造、7インチディスプレイ、Tegra 3 クアッドコアやAndroid 4.1搭載と具体的な仕様が明らかになった。

Googleは同年6月27日にサンフランシスコで開催された「Google I/O」でNexus 7を正式に発表した。Google Playで電子書籍、音楽、テレビ番組、映画といったコンテンツを購入できることを売りとする。翌日のGoogle I/OではJelly Bean(Android 4.1のコードネーム)がプリインストールされたGalaxy NexusやNexus Q、Chromeboxが発表された。

日本では2012年9月25日に発売された(店頭販売は10月2日から)。Google Playや店頭では16GBストレージモデルのみが販売され、8GBストレージモデルはプロバイダ各社から販売された。

2012年10月29日に32GBストレージモデルが発売された。加えて、32GBストレージ(3G対応)モデルも発売された(一部地域、日本では2013年2月9日)。

競合する7インチクラスのタブレットにはNook Tablet、Kindle Fire HD(発売当初はKindle Fire)、BlackBerry PlayBook、iPad miniなどがある。

お客様の声

ユーザーのお客様よりecofa宅配買取へ頂いたメッセージをご紹介しております。お客様の励まし声に支えられております。

>>お客様の声一覧

コラム

ecofaからのタブレット買取についてのメッセージです。お買取りを検討されている方は、ぜひ一度ご覧ください。


>>コラム一覧はコチラ